生活貧窮からの脱出

人間の屑であるゴミニートが這い上がる物語(願望)

Amazonで1円販売は成り立つのか?その2


amazonマーケットプレイスにおいて、古本が

商品代金1円+配送料(アマゾンが徴収する金額含む)250円など

廉価で出品・販売されているのは、

配送料と実際の運賃差額によるを織り込んで、

出品価格を決定していることなどによります。


関連;

http://oshiete.goo.ne.jp/qa/7731742.html



アマゾンマーケットプレイスでは、

月額4900円の大口登録により、商品が売れた際、

基本成約料(100円)がかからなくなりますが、

カテゴリー成約料(購入者支払い配送料に内包)や、

販売手数料(商品売価より一定割合)は差し引かれます。

つまり、大口出品者の、1円本販売時の

アカウント計上金額(出品者への入金額)は191円です。



なお、2010年8月30日までは書籍の配送料が340円で、

大口出品者の1円本販売時のアカウント計上額は261円でした。


アマゾンは、この書籍配送料改定(340円から250円へ)により、

低額書籍の販売拡張を狙ったようです。

http://amazon.jp/gp/help/customer/display.html?n …に


しかし出品者にとっては、

1円で出品・販売した際の1冊あたりの利益が減ったため、

マーケットプレイスでの廉価本販売から撤退したり、

廃業したりした出品者もいるでしょう。



だそうです・・・

やはり厳しいですね・・・でも頑張ります!



×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。